健康な身体作りは有酸素運動だけでなく無酸素運動も必要です

健康に良いと言われる野菜はたくさんありますが

健康に良いと言われる野菜はたくさんあります。しかし、毎日食べ続けるのが難しいものも少なくありません。いくら健康に良くても、毎日食べることができないのであれば、あまり意味がないです。経済的でどこでも手に入れることができ、なおかつ健康に良い野菜を食べるようにしましょう。おすすめはキャベツです。キャベツは誰もが知っていて、とても身近な野菜です。しかし、キャベツの良さはあまり知られていません。揚げ物の脇役と思われがちです。キャベツは100gでわずか23キロカロリーと言うかなり低カロリーな野菜です。

たくさん食べても、カロリーの摂りすぎにはなりません。それは、肥満を防ぐことにつながります。生活習慣病の予防にもってこいの野菜と言えるでしょう。もちろん、低カロリーと言うことだけしかメリットがないわけではありません。特筆すべきはその栄養素です。キャベツのビタミンC含有量はかなり高く、大きめの葉を3枚程度食べるだけで、1日に必要なビタミンCが摂れます。さらに、ビタミンUも豊富で、これは胃壁の粘膜を丈夫にすると言う作用を持っています。胃潰瘍や十二指腸潰瘍を予防してくれるので、サラリーマンは積極的にキャベツを食べるべきでしょう。