健康な身体作りは有酸素運動だけでなく無酸素運動も必要です

健康のためのウォーキング

ウォーキングは体のためになると言われています。ウォーキングをすると、心肺機能が向上したり、血糖値が下がったり、生活習慣病の予防が出来ます。また、便秘や骨粗しょう症の予防にも役立ちます。さらに健康的に体重を減らすことが出来るので、無理なダイエットをして体を壊す危険性がなくなります。ジョギングよりも体に負担がかからないので、気をつければ病後の方や体力に自信のない方でも続けることが可能です。

さらにウォーキングは、体だけでなく心の健康にも役立ちます。ウォーキングをすることで心がリフレッシュされ、ストレス解消ができますし、周囲の様子を見ながら、詩や俳句などの創作の素材を得たり、日記に書くことを考えたり、風景そのものを楽しんで感動することも可能です。

体にも心にもためになるウォーキングですが、実行する場合は、足に合った靴を選んだり、ある程度の速さでリズム良く歩くなど、ただの散歩ではないことを意識することが必要です。また、続けることは大切ですが天候が悪かったり、気温が高かったり、体調が優れないときは無理をせず、ただのノルマではなく、健康のために行うのだということを自覚して、気をつけながら柔軟に行うことをお勧めします。